• 鷲頭有沙

身にまとう服で、気分は変わる


世の中に春がきて、新しい。





桜は散り際。

すっかりスプリングコートもいらないくらいに暖かくなって

オフィスビルには着なれないスーツで歩く若い会社員がちらほらと。


ああ、世の中に春がきたんだなと、

しみじみ思った。



昨日は入社式。


新入社員が入社してきて、彼ら彼女らの新しい顔、新しい気持ちに

私も何だか身のしまる思いでした。


オンライン入社式に出席したのだけれど

会議室でやっていたときは、「遠目から見た一人」という感じだったのに

オンラインでは画面いっぱいに顔が映し出されるので、

「私は〇〇です」って

たった一人に、ぐっとフォーカスされるなあと思ったものです。

(新入社員のみんなは、よほど緊張したに違いない)





私も久しぶりにジャケットに袖を通したのだけれど、

あれ、私ジャケット着るの好きかもしれない。

なんて思って。


ジャケットを着ると私は対社外に対する自分になる。

そんな、仕事モードの自分が、案外好きなのかもしれない。



人事になるまでは、ジャケットを着る機会があまりなくて

対社外の経験も皆無で。


ジャケットを着て社外の人と打ち合わせすることに違和感や、

ソワソワした気持ちを感じていたけれど、いつの間にか着慣れてきた。





自分に合わないと思っている服でも、

着てみて、それに似合う振る舞いをすれば

似合うように(少なくとも自分が違和感なく着られるように)なるんじゃないかな



だから、着る服、選ぶ服って本当に大事。

自分が今日どんな気分になりたいか、どんな風に見られたいか

そうやって服を選ぶのはきっと、すっごく楽しいと思う







2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示